スポンサードリンク
スポンサードリンク

自宅でできるがん検査で早期発見!高度な検診が郵送で簡単に!【直送品】がん検査キット 男性用...

市民検診とは

市民検診は、市民の健康維持のために、健康診断の費用を一部または全額、行政が負担して実施するものを総称しています。インターネットで、「市民検診」と検索してみると、吹田市、大阪市、尼崎市、京都市、宇治市、神戸市、長野市、名古屋市など、多くの市で実施していることがわかります。
健康診断といえば、新生児のことの乳児検診にはじまり、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校などでは、一年に1回は実施されています。大人になった後も、就職後は、会社など、いずれかの組織に属している間は、定期的に健康診断を受ける機会があります。
しかし、家庭の主婦、フリーランス、フリーター、定年退職後、などなど様々な理由で組織に属していない方は、組織での定期的な健康診断を受診することができません。だからと言って、健康診断を何年も受けずに、いるのはリスクが大きすぎます。

早期発見、早期治療

健康は、日々の変化を見逃さないことと、定期的なチェックで保たれるものです。昨今は、大きな病気でも、早期発見、早期治療で完治したり、進行を止められたり、症状を軽減できたりします。
早期発見を実現するために、ぜひ、市民検診を活用しましょう。市民検診と言っても、すべての人が利用できるわけではありません。行政体によって、受けられる検診の内容、補助の対象となる年齢、補助の金額などがことなります。
多くの行政体では、40歳前後を境にし、健康診断や癌検診などを中心にサービスを提供しています。特に、女性は、家事に従事している方が多く、また、子育てや介護などで忙しく、自分のことは後回しになりがちです。ちょっと、体調が悪くても、ちょっといつもと違っても、ついつい見過ごしがちです。
また、女性特有の乳癌や子宮癌は、早期発見、早期治療による効果が得られやすい病気です。これらの病気を見過ごさないためにも、1年に1回~2回は、検査を受けるようにしたいものです。

市民検診の内容

しかし、健康診断は、決して安価ではありません。医療行為ではないので、健康保険はつかえません。そのような負担を軽減してくれるのが、市民検診の制度です。
自分の健康のための投資ですが、負担が軽くなるに越したことはありません。あなたも、ぜひ、自分の住む行政体の提供している市民検診の制度を、調べてみてください。あなたがすでに、受診資格者であれば、早速、利用しましょう。
市民検診の内容は、基本健康診査、B型・C型肝炎ウィルス検査、胃がん検診、大腸がん検診、肺がん検診、子宮がん検診、乳がん検診などがあります。
もし、市民検診の受診資格の獲得まで間がある場合でも、年に1回は健康診断を受けるようにしましょう。健康は失う前に、守りましょう。

市民検診